包茎手術の麻酔について

包茎手術を行うにあたって手術中の痛みはどんなものか気になる方もいるでしょう。
特にペニスは身体の中でも敏感でデリケートな部分でもありますし、色々不安になると思います。
そこで、包茎手術の麻酔についてまとめましたので、手術前に不安を解消して安心した気持ちで手術を行いましょう。

包茎手術の麻酔

包茎手術の麻酔は主に局所麻酔で行われます。局所麻酔で行うことで、スピーディーに日常生活に戻ることができ、日帰りでの手術が可能になります。
局所麻酔は注射で行われますが、注射する医師の技術が低いと痛みを感じることがあります。ただ、その反面、熟練した医師が注射を行うと痛みはほとんど感じません。
また、ほとんどのクリニックで局所麻酔時に注射針が刺さる瞬間の痛みを軽減するために、最初に表面麻酔を行ってくれます。
さらに、注射に使用する針も特別な極細のものが使用され、麻酔が効いた場所から追加の麻酔を行っていくことで痛みを最小限に抑えることができます。
どうしても局部に針を刺すのが怖い方は、静脈麻酔、全身麻酔、マスク麻酔などの麻酔を行うことができるクリニックもあります。

クリニック毎にできる麻酔

ABCクリニックの麻酔

ABCクリニックでは注射での局所麻酔を行う前に、麻酔シールを使用し表面麻酔を行います。
ですので、局所麻酔中の痛みを感じることはありません。

上野クリニックの麻酔

基礎麻酔 -> 深部冷却 -> 極細針と、表面から徐々に内部に麻酔を効かせていく方法で麻酔を行います。
まず、最初に行う基礎麻酔とはスプレー式の麻酔方法で、ペニスの表面に麻酔薬を噴射し表面の皮膚の感覚を麻痺させます。
次に、深部冷却では半凍結した特殊なジェルを直接ペニスに巻きつけ、皮膚の深部まで麻痺させます。
最後に、極細針による麻酔で初めて注射で麻酔薬を注入します。注射針は極細のものを使用していますし、さらに基礎麻酔、深部冷却で皮膚が麻痺していますので、ほとんど痛みは感じません。また、上野クリニックでは、日本一細い針を使用しています。

中央クリニックの麻酔

中央クリニックの麻酔は通常は局所麻酔で行います。
ですが、院によってはオプションとして静脈麻酔や全身麻酔、マスク麻酔も選択できます。

上野クリニックの麻酔がオススメ

包茎手術中の痛みに対して、一番気を使っているのは上野クリニックのようです。
3種類の麻酔を使い分けて、痛みを最小限に抑えるための努力をされているように感じます。
ABCクリニックは安さを売りにしているクリニックということで、上野クリニック程徹底した麻酔はありませんが、それでも麻酔シールなどを使用したりしているので、極度に麻酔の効きが悪い方でなければ、充分に安心できる麻酔を行ってくれると言えます。
中央クリニックは様々な麻酔を選ぶことはできますが、オプションでの料金でちょっと高くなってしまいます。

このページの先頭へもどる